上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
さとり様を見ると募霧さんや高坂さんを想起します



私はお使いを頼まれた

だから頼まれたものを購入した

そして購入品を手渡した

すると、「おまえの分は?」と聞かれた

他人のお金で自分の好きな物を不正購入するわけにもいかなかったので「私の分はありません」と答えた

相手はたちまち不機嫌になり、こちらを睨み付けた



――どこが悪かったのだろうか?世間ではお使いを頼まれた時、そのお釣りで好きな物を勝手に買ってもいいという風習があるのだろうか?
そういう常識があるのに、私が知らなかった、常識知らずなだけなのだろうか?

いや、そういう話ではないのかもしれない
私が空気を読めなかった、相手の心を読めなかった
コミュ障で、アスペで、カナーなだけという話なのだろう

私は自分の落ち度で、相手を怒らせたのだ
相手を不快にさせたのだ

私が悪いのだ

非常識で、不誠実で、不愉快な、私が悪いのだ


――どうすれば、人並みになれるのだろう
スポンサーサイト

2015.11.04 Wed l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://bslb.blog25.fc2.com/tb.php/1033-1dc49d37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。