FC2ブログ
私は人の嫌がることが好きだ
――少なくとも自覚的には人の嫌がる姿を見て快感を覚えることはそうそうない
だが、私が楽しいときは誰かが嫌な思いをしている
私が幸せを感じるとき、それは誰かが不幸せになっているときでもある
つまり因果的には、私は人の嫌がることが好きだ
人の嫌がることが好きなのだ、私は
どうしようもなく、人の嫌がることが好きだ

故に
故に私は底知れぬほどに度し難き悪なのだろう
スポンサーサイト
2018.08.31 Fri l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://bslb.blog25.fc2.com/tb.php/1108-3e284491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)