上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
父からは暴力を受け、母から理不尽な要求と誹りを受け、憂鬱な午後
しかし、私に彼らを責める権利はない
なぜなら、私は彼らによって育てられ、生かされているからだ

私が今までどれだけ迷惑をかけてきたか
無茶な注文を押し付け、傍若無人に生きてきたか
どれだけの幸せを、自由を奪ってきたか
私さえ生まれなければ、どれほどよかったか

それだけの罪がありながら逆らう権利などあるはずもない
生まれ、育ててもらったことへの贖罪をしなければならない
ゆえに私は今日も笑い、自分の役割を果たし続ける

――だが、せめてここで愚痴を垂れ流すことは許されたいと、思う
スポンサーサイト
2013.01.18 Fri l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://bslb.blog25.fc2.com/tb.php/770-4262d9a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。