私は善意を信じている
だからこそ、それに甘えてはいけない
優しさに溺れてはいけない
その人のことが好きなのなら、距離を取らなければならない
他者の幸せを考えるのなら、自分は近づいてはならない
甘き毒を振り払い、独りで笑っていよう
それが、私のできる善行なのだから
スポンサーサイト
2013.02.07 Thu l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://bslb.blog25.fc2.com/tb.php/791-108935df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)