上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

親は子の奴隷ではない
しかし、子は親の心など考えずに振る舞う

ゆえに子は親に隷属する義務がある
それが唯一許された贖罪の方法である

――全ての家庭がそうでなくとも、少なくともうちはそうなのだろう
スポンサーサイト
2013.03.04 Mon l 日記 l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

ちょっと親子関係に依存しすぎでは。
2013.03.04 Mon l 名無しさん. URL l 編集
>>名無しさん
私もそう思います……が、自立していない、ひょっとするとそれが許されないかもしれない親子関係の場合は色々と難しいのです。
できれば早く親離れをしたいのですが、「親を捨てた恩知らずの親不孝者」として恨まれるのも怖いという……臆病ですよね、まったく。
2013.03.04 Mon l 神北クドリャフカ. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.03.04 Mon l . l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://bslb.blog25.fc2.com/tb.php/808-ac113774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。