FC2ブログ
今の日本には発言の自由があります。
その自由とは「何を言ってもいい」ことでもあると同時に、「何を言われるか分からない」ということでもあります。

例えば私が「カレーはおいしい」と主張したとしましょう。
これに対し、「私もそう思う」や「シチューの方が旨い」、「カレーを食べたくても食べられない人もいるのでそういう発言はやめてください」など、様々な反応が返ってくる可能性があります。
これは自分に発言の自由があり、他の人、聞き手にも発言の自由があるために起こる現象です。

――と、まぁここまで書いていて飽きました。
堅苦しいことを抜きで言うと、他人を不快にさせたくなきゃ発言しちゃいけないってことですよ。
自分が何か言うと誰かが不快に思う、それは大抵において真理なのです。
だから私はツイッターでの発言を止めました。
ただ、それだけなのです。
本当は発言をしたい、仲良くなりたいと思うけれど、それが他者に犠牲を強いるものではいけないと気づいたのです。
――ここでの発言も、本来は止めるべきなのでしょうね……
スポンサーサイト



2014.03.21 Fri l 日記 l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

もう少し自分のことを考えてみてはどうでしょう?
したいことしたほうがいいと思います。
迷惑かけないで生きられる人間なんていますかね?
2014.03.22 Sat l 名無しさん. URL l 編集
Re: タイトルなし
確かに、迷惑をかけずに生きるなどということは不可能だと思います。
だからこそできる限りの配慮や遠慮を忘れず、謙虚にならなければ……とも思うのです。

少なくとも私は今まで好き放題し、他の人々の権利を奪って生きてきました。
そんな私がこの先も自分のことばかりを考え、やりたいようにやっていては不公平ですからね。
ただの自己満足かもしれませんが、今はこのぐらいしかできることがなさそうなのでこういう風になっています。
2014.03.22 Sat l 神北クドリャフカ. URL l 編集
そんなに自分を犠牲にすることばかりを考えないでいいと思います。ツイッターなら迷惑に思ったときはブロックとかそういった機能もありますし。
逃げるのも手段かもしれないけど、一歩進んでみるのも手段としてはありかと。なにも知らない私が失礼しました。
2014.03.23 Sun l 名無しさん. URL l 編集
Re: タイトルなし
再びコメントありがとうございます。客観的な意見は貴重なので助かります。

そうですね、私自身が嫌ならブロックしてしまえば終わりなんですけどね……
残念なことに、「私と縁の切れた人」へ「私のことを嫌う人が嫌がらせをする」といったケースも発生しているので難しいです。
これだけ多くの人を渦中に巻き込んでおいて自分だけは逃げているのは卑怯なので、根本的な解決法を見つけ次第動くつもりです。被害者ではなく加害者であるのだから責任も取らなくてはいけないですしね。

2014.03.23 Sun l 神北クドリャフカ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://bslb.blog25.fc2.com/tb.php/990-69dbfaca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)